医師とのインフォームドコンセント

医師とのインフォームドコンセント

セカンドオピニオンが得たいと申し出をしたときに、これを嫌がるような医者は、技術に対する自信のなさではないかと判断してよいのではないでしょうか。

 

ガンなどは命に係わるので一人だけの医者では心配です。
患者の権利は、しっかりと行使したいものですが、
こうした情報提供は患者と医師とのインフォームドコンセントに基づくものです。

 

患者自身が情報を知ることを望まないときは、医師は患者の希望を尊重しなければなりません。

 

日本医師会の規約にも患者が「知らないでいたい希望」を表明した場合には、
これを尊重しなければならないことが明記されています。

 

スポンサーリンク

 

患者自身が主導してすすめることができる病院か

重要なことは、患者自身が手術等を主導して、すすめることができる病院かどうか、
患者が手術をするのですから、医者がやりたいようにやって、後で重大なことになっては大変です。

 

医療保険の前に、病気で手術が必要になった場合、どうすれば信頼できる医師を選ぶことができるのかは重要で、
近所の病院であれば、近所の話で名医かヤブ医者かどうか判断ができますが、特に大きな病院になると、
一般的に信頼できる病院かどうかは私たちに判断することは難しいです。

 

それは、医療の技術などの専門的知識が不足している可能性もあるからです。
また、病院だけでなく、その医者が信用できるのかということも、重病になればなるほど、判断は難しくなります。

 

そこで、病院を選ぶ際には、患者の知らない知識を知っている医師がいるかどうかが、
判断基準のひとつとなるでしょう。

 

いくつかの病院を訪れて、リスクをも含めた適切な医療情報を提供してくれるか、
質問に丁寧に答えてくれるかを、見極めて比較検討することが大切です。

 

日本医師会のガイドライン

日本医師会では、医師が診療情報を積極的に提供することにより、
患者が病気と診療の内容を十分に理解していること、
また、医師と患者とが、共同して病気を克服して、より良い信頼関係を築くことを目的としています。

 

これは、会員の倫理規範の一つとして、診療情報の提供についてのガイドラインを定めているのです。

 

患者に診療情報の提供を義務付け

日本医師会の会員は、この目的を達成するために、患者に診療情報を提供することが義務付けられているのです。
診療情報とは、診療記録・手術記録・麻酔記録・各種検査記録・エックス線写真、看護記録などがあげられます。

 

診療記録は特別の理由がない限り、閲覧だけでなく謄写を請求できるということも覚えておいてください。
医師には患者が説明を求めたときには原則として応じないと、真のインフォームドコンセントとはいえません。

 

スポンサーリンク