女性特有のリスクを管理する保険商品

女性保険は女性特有のリスクに備える

女性の保険とは、女性特有のリスクを管理する保険商品です。女性特有の病気にかかってしまった時に、治療費の心配くらいはしなくて済むようにしたいですから、女性の保険は唯一の対策です。

 

考えられるの「がん」として、「卵巣がん」、「子宮がん」、「乳がん」、「子宮頸がん」など、これらは、全て女性しかかからないのです。しかも発症件数が多いので、全ての女性にとって無関係ではありません。

 

また、がんは以前、不治の病で治すことが困難な病気でした。
現在では、医学の進歩でがんを克服することも不可能ではなくなりましたが、最も心配なのが治療費です。

 

最先端のがん医療を受ければ克服できたものを経済的な理由で治療が受けられないとなると命に関わります。

 

ガンのリスク対処として、女性の保険が注目されることになります。実際に、女性の保険の商品内容を見てみます。損保ジャパンひまわり生命の「フェミニーヌ・プラン2」を例に見てみます。名前のとおり、女性専用の医療保険、つまり女性の保険です。

 

スポンサーリンク

 

女性保険の種類

 

プラン1〜3まで、3通りの商品設定がありますが、どこまで手厚く保障するかの違いだけで、ここでプラン2はちょうど中間にあたる商品です。

 

「フェミニーヌ」は医療保険のため、ケガや病気の入院や手術を保障していますが、ここではがんに限定して見てみましょう。

 

損保ジャパンひまわり生命の入院保障

 

女性特有の病気で、もっとも多い病気で入院した場合は、1日につき10000円の給付金が支払われることになります。これは2日以上入院した場合は、1日目から給付の対象となるため、ほとんどの入院に関して保障されることになるのです。

 

その他の病気やケガで入院した場合は、給付額は1日7000円となるので、1日につき3000円も女性特有の病気に対して、保障が手厚くなっていることが分かります。

 

これは、給付金の内容を見ると、どんな病気やケガでも保障される7000円が「疾病入院給付金」となっていて、そこに女性特有の病気の保障額として「女性疾病入院給付金」として、3000円を上乗せした額が10000円となっています。

 

やはり、3000円は女性の保険の増額分ということになります。

 

プラン2の場合は、3000円の差ですが、プラン1となるとより手厚い5000円の差がありますから、プラン2より、さらに女性の保険という設定になっています。

 

スポンサーリンク