民間保険と公的保険

民間保険と健康保険などの公保険

医療保険とは、被保険者が疾病または傷害により医師の治療を受けた場合に所定の保険金を支払う保険の総称をいいます。

 

また医療保険には、私保険といわれる民間保険と、
健康保険などの公保険があります。

 

どちらも私達にとって必要な保健です。
なお、社会保険としての健康保険、国民健康保険などを一括して、医療保険ということがあります。

 

医療保険とは、普通保険ないし私保険に属するもので、社会保険は公保険に属しており、
医療保険とは違うことになります。

 

私保険とは民間の保険のこと

医療保険は私保険とも言われていて、私保険というのは、いわゆる民間の保険のことです。

 

個人の意思で加入や解約を決めることができる保険のことです。
CMなどで生命保険や損害保険を宣伝しているのをみることがありますが、これにあたります。

 

医療保険は契約の内容によりますが、原則として月々の支払額が変わることはありません。
また、保険会社の倒産など「万が一」のことがあって、支給されるお金が変わることもないので安心です。

 

公保険とは国で運営している保険

一方、公保険とは健康保険や雇用保険、国民年金などのように、
国で運営している自由に解約ができない保険のことです。

 

私保険とは違い、法改正などで、保険金額や年金の支給が減少したり、
支払い額や開始年齢が引き上げられたりすることもあります。

 

公的な保険は、その時々の国家の財政状況や国策によって、法改正がされる可能性があるのです。

 

2007年に問題となった社会保険庁の不祥事のような「万が一」のことがあると、
最悪、支払われないこともあるのです。

 

こうした事態に備えて、公的な保険だけではなくて、医療保険などの民間の保険も組み入れた方が、
将来的には安心できるといえます。

 

スポンサーリンク

 

医療保険は入院・手術などをカバーする保険

医療保険とは、所定の保険金を支払う保険の総称で、
被保険者が疾病や傷害によって医師の治療を受けた場合に支払うもので、
入院したり手術などで、家計を直撃することがないように、家計をカバーする保険のことです。

 

医療保険によって、医療給付金が支払われますが、
その中には「入院給付金」「看護給付金」「手術給付金」などの保障を主たる給付としています。

 

また、死亡保障や傷害保障、疾病や傷害による休業期間中の賃金の補償を、
目的とする給付を行うこともあります。

 

商品形態によって、入院給付金や手術給付金を受け取ることができるほか、
通院保障や死亡保険金がついた保険など、さまざまな商品があります。

 

民間の医療保険は、生命保険会社、損害保険会社でも販売されています。

 

医療保険の形態

具体的な商品形態としては、主契約への特約付加の形態によるもの、
単独の形態によるものとがあります。

 

単独の形態によるものでは、生命保険会社による医療保障保険、
損害保険会社による医療費用保険などがあげられます。

 

医療保険の保障期間のタイプ

保障期間のタイプは、数年ごとに更新を迎える定期型と、一生涯保障が続く終身型のふたつに大きく分けられますが、
定期型は加入当初の保険料が割安ですが、更新時には、年齢に応じて保険料が上がっていくのが一般的です。

 

一方、「終身型は割高」というイメージがありましたが、死亡保険金や解約返戻金の金額を抑えたり、
一回の入院限度日数を短くしたりするなどして、保険料を割安にした商品も増えました。

 

スポンサーリンク


関連ページ

レセプトとは診療報酬明細書のこと
被保険者の加入している医療保険に応じ、レセプトとよばれる診療明細書が必要となります。