学資保険は郵便局だけで取り扱っているのではない

学資保険は郵便局だけで取り扱っているのではない

学資保険は教育費に関係のある保険で、郵便局だけで取り扱っていると思っている人は多いかもしれません。

 

しかし、現在では、たくさんの保険会社が取り扱っています。

 

また、学資保険というからには教育費のみの保障と思いがちですが、実際には子供の怪我や入院なども保障も含まれています。

 

学資保険は保険と名前がつきますが、来るべき時のために教育費を貯めておく、貯蓄性が優れたものです。

 

教育費というのは必要になる時期が、だいたい決まっていますから、その時期を満期にすることにより、中長期的な計画、目的のある貯金ということになります。

 

そのため一般の預金よりも、利率が高く金融商品としても有利ということで広く利用されてきたのです。

 

子供保険は一般的に学資保険のこと

子供保険というのは一般的に「学資保険」を指すことが多いようです。
よく、子供が社会に出るまでに、約1,000万円の養育費がかかると言われています。

 

学資保険に加入することで、養育費・教育費で困らないようにしている家庭が多くなっています。

 

子供保険は、子供が生まれた時から入ることができます。
おもに子供の両親が契約を結びますが、たまに、子供のおじいちゃん、おばあちゃんが契約を結ぶ場合もあります。

スポンサーリンク